寒さ対策、ギックリ対策!|阿佐ヶ谷の整骨院ならパールセンター鍼灸整骨院へ

  • 0333167085

  • 受付
    【月~金】9:30~13:00 / 15:00~19:30
    【土・祝】9:30~15:00
    休診日
    日曜日

お知らせ

寒さ対策、ギックリ対策!

スタッフブログ 

日差しは暖かくなってきましたが、吹く風は冷たいですね!

思わず肩をすくめてしまいます。そんな寒さに対してどうしていますか?

やっぱりお風呂!ですよね!独り暮らしの方でもこの時期はお湯をはってしっかりと

つかるかたも多いかと思います!

皆さんしっかりと肩までつかっていますか?半身浴とは言わずしっかりと体を沈める事を

お勧めします。半身浴が身体によいイメージてありますよね、芸能人やモデルさんがトーク番組などでよくお話しにでてきます。

もちろん悪いわけではないですし、趣味として楽しむことはとても良いことです。

お医者さんが半身浴を勧めるのは血圧の高い方や心臓疾患をかかえている方に対してです。

ではなぜ全身浴がおすすめなのか!それは肩まで浸かれば温まるからだけではないのです。

日本人のお風呂文化は非常に優れています。日本の住居事情ではバスタブも膝を伸ばせないような狭さが多いかと

思いますが、それでも肩まで沈める事で体重が2割減すると言われています。その2割が大切なのです。

水の浮力で体重が軽くなり、お湯で身体は保温され、水圧で適度に圧を受けることでマッサージ効果が!

そうするとどうなるのか、関節が緩むんです!!とても大切なことなんです!!

関節が緩むといいうことは筋肉をはじめとして関節を構成している軟部組織が緩むという事です。

血流改善という事です!!素晴らしい!!

慢性に移行したギックリや古傷、関節痛にはまさに、お風呂は治療です!!

湯治とはまさに最高の治療です!! 温泉などの大浴場は更に効果的です。たっぷりの湯に身体をゆったりと浮かばせますし

しかも何人、入ろうが温度が左右されません!!だから湯冷めもしないんです!!

お家のお風呂は温度が下がってしまうのが残念ですがそれでもやはり浸かるのとしないのとでは大違いです。

さぁ皆さん、しずかちゃんの様にしっかりと肩まで浸かりましょう!!

一つだけ注意ですが、熱いお風呂で短時間にガッと汗をかいた後は水分補給しますよね!

その時、水の一気飲みは気を付けてください。バランスよく食事ができていればあまり問題はありませんが、

空腹時などは血液が薄まるので足がつりやすくなったり、体が重だるくなります。

夏場など水を摂取することが多くなる時期も同じです。人は水の吸収がそんなに上手ではないそうです。

とるタイミング、量、成分が大切なのです。汗をかくとミネラルも多くでていってしまいっます。

よってミネラル水をとることをおすすめします。身近なものでいえば麦茶ですね!ミネラルたっぷりです。

何でもいいのです、スポーツドリンクでも!緑茶やウーロン茶などはカフェインが多くふくまれているので

かえって利尿作用がすすみトイレが近くなるのでまたのどが渇いてしまいますので気を付けて下さい。

三月も寒の戻りで寒い日は続くのでしっかりと湯に浸かりましょう!!

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る